プリザーブドフラワーは花粉アレルギーの心配なくお見舞いに最適

サイトマップ

Preserved Flower

お見舞い時にプリザーブドフラワーか生花か

最近は、とてもきれいでオシャレにアレンジされたプリザーブドフラワーをたくさん目にします。生花と違い水をあげる必要はありませんが、生花と比べても劣らないみずみずしさがあります。大切な贈り物やお見舞い時に花びらにメッセージを書くこともできます。
先日見かけて心を奪われたのは、ガラスの靴に色とりどりのバラのプリザーブドフラワーが美しく敷き詰められているものでした。プリザーブドフラワーは、生花とは異なり日光や湿度を適切に保てば、日本でも7、8年はもつといわれています。高温、多湿な環境では、残念ながら1、2年で劣化が始まり、色あせや花びらがひび割れたり、茎がボロボロになってきたりします。結婚式のブーケなど永くもたせたいものです。ポイントは、日光を避け、クリアケースに入れて保管、できれば湿度対策にシリカゲルや衣類用の除湿剤を使うと良いでしょう。最適湿度は、30%から45%でそれより低すぎても花びらが乾いて壊れやすくなるので注意が必要です。最適温度は、22℃以下です。また、プリザーブドフラワーは、花の香りがしません。
花粉アレルギーの心配はなくお見舞い時に最適です。価格は、特殊な加工液を使用し、出来上がるまでに数ヶ月を必要とするため生花より高いです。

プリザーブドフラワーがお見舞い時に選ばれる理由

お部屋のインテリアとして、またお見舞いやお祝いや記念日の際の贈り物として選ばれることが多いプリザーブドフラワーですが、これは特殊な加工を行って長期保存が可能になったもので、湿度や温度の注意を怠らなければ数年間は美しい状態を堪能することができるのです。長期保存できるものでは他にもドライフラワーがありますが、独特の味わいがあるとはいえ花本来の持つ鮮やかさやみずみずしい美しさは失われてしまいます。その点プリザーブドフラワーではかなり本物に近い美しさを残したまま保存できるわけですが、加工時に好きな色を着色することができますから、自然界には存在しない色の花を自由に生み出すことも可能で、自分や贈る人の好きな色で仕上げることも魅力の一つでもあり、購入するだけでなく趣味で始める人も増えているのです。 プリザーブドフラワーは実店舗で扱っている場合もありますが、様々なスタイルでアレンジメントされたものを自由に選びたいのであれば通販がおすすめで、インターネット上のプリザーブドフラワー専門のサイトでは美しい花々を豊富に販売しています。メッセージやギフトラッピングにも対応していますし、生花ほど扱いが難しくないのも通販向きと言えるのです。

お見舞いに最適なプリザーブドフラワー

なかなか生花を長く上手に保存しておくことって難しいと思います。そんな時に活躍するのがプリザーブドフラワー。美しい状態を保ち続け、管理することも不要。本当に助かるアイテムです。 私の身近で使われている例をあげさせていただくと、一つ目はお仏壇に。足腰が痛くなったりで、なかなか頻繁に外に出る方が難しいおばあちゃんへのプレゼントとして購入しました。 管理が入らずにいつもお仏壇を華やかに彩ってくれるプリザーブドフラワーは、大変活躍しています。次に結婚式の思い出に。友人より電報とともに届いたプリザーブドフラワーは、今でも大事にまた美しいままで保管できています。 生花の良さももちろんありますが、プリザーブドフラワーの良さは、キレイさや思い出を美しままで保存することが出来るという点であると思います。思い出をいつまでも大切にしたい。そんな方にとってもってこいのものであると思います。 生花よりも少し値段は高いですが、ずっと大切に出来るという点では決して高い金額だとは思いません。ぜひ、お見舞いや何かの思い出や大切な人への記念のプレゼントに、一つ購入してみてはいかごでしょうか?きっとプレゼントした相手も喜んでくれること間違いなしです!